大阪市心斎橋すぐ。梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺からも

水曜定休 / 受付時間 11:00-20:00

06-6252-2286

予約お問い合わせ

大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティック|大阪市心斎橋梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺 » Home

矯正後の注意・通院回数など


Published by: 大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティックオフィス

[目次]

施術内容の紹介
なぜ上部頚椎矯正なの?
矯正後の注意・通院回数など
各矯正段階での姿勢変化
姿勢の正しい分類
X線(レントゲン)で見る体のゆがみ
初めての方はこちら
既に施術をお受けの方へ


● 矯正後の注意・通院回数など

通院回数などについて

矯正後の注意事項などについて


 


● 通院回数などについて

姿勢の全矯正過程の完了までの手順は、どなたでも、年齢・性別・人種・症状の状態・生活内容などにかかわらず、全体で10回の矯正過程で、カイロプラクティックの検査をすべて出ない状態にできます。
(一般的なカイロプラクティックや整体では、検査はしますが、定期的に矯正・戻ります・きっかけでゆがみます、と説明されます検査がすべて消えて維持できるようなことはありません、)

*「各回ごとの姿勢の変化については「各矯正段階での姿勢変化」も参照。)

*「すでに当オフィスでの矯正を始められている方は「矯正途中・矯正過程終了後の方へ」も参照。)

本来の、上部頚椎カイロプラクティックの目的は、症状云々よりも、X線(レントゲン)画像や映像上での姿勢と動きの解剖学的な正常化ですので、症状が取れるまでと姿勢の矯正の終了は別のことになります。
姿勢の矯正の終了のサインは、カイロプラクティックで行われている検査がすべてでなくなってしまう状態になるところです。施術側する私達の視点では、人体の機能が最も良好で、外見や状態のよい完全な矯正の完了はこの段階です。

多くの場合、症状は姿勢の矯正完了より前の段階で改善していますが、これは、姿勢の正しい標準化は、結果的に、新陳代謝の向上と本来の最大の自己回復力の増加を生み出せるからです。

矯正間隔については、基本的には、症状が気になるだけの方は体の状態の経過を見ながら期間をあけていただいても構いませんし、お急ぎの方は施術の際の指定する最小限度の期間をあけていただけば急いで矯正していただいてもかまいません。検査のために最低必要な期間は、年齢・性別・状態などにより、1~2週間で指定いたします(高齢者になるまでは通常1週間程度)。

逆に、もしそれ以上期間があいてしまっても、それは矯正については問題ありません。矯正による姿勢の変化は後戻りせず、パズルを続きから解くように先に進めていきますので、期間を詰めた場合と同じ手数で最終的な段階まで持っていくことができます。

検査がなくなるまで矯正過程を終えている場合、特に異常や気になるところがない場合は、そのまま放置していただいて、問題ないように矯正できます。年齢を重ねていっても検査が再び戻ってしまうことは基本的にありません。

症状については、途中である程度良くなればまた気になるまで放っておいていただいても害はありませんが、まだ検査が出る段階では、時間軸=加齢とともに残っている検査の部分は姿勢を固める力の強さを増しますので、何らかの姿勢の悪化や症状の発現は、将来的にはあり得るかもしれません。

姿勢と運動機能(バランスや柔軟性)などについては、全矯正過程終了後も、更に胴体(胸郭)部分の柔軟性が解剖学的な標準可動域までは自然と改善できますので、時間と共にさらに姿勢と運動機能は良くなります。

ですので、体が日常生活の中で症状が出ないで要られる状態までは、できることなら続けていただけると、カイロプラクティックの効果をより効率的にに引き出すことができます。もちろん、姿勢の癖がなくなるまで矯正し終ることは、生物学的にはそれが自己回復力の最大限度に近づけるので良いということは言うまでもありません。

姿勢のゆがみや、体形の崩れなど、外見的なかたちや動作の綺麗さが欲しいと思われる方は、矯正のための検査が出なくなるところまでの全体を矯正過程を終了していただくことをおすすめします。
現在の状態のみならず年齢とともに増すはずの猫背や体形の変化(肥満は除きます)などを起こさないでいられるようになると思います。

外見や、ダンスやヨガ・ストレッチなどでの左右対称性などまで気になる方の場合も、徹底的に矯正を終えて検査をクリアにしていただけると、最大限に均等な動きになります。その後も再悪化せず良い運動機能と姿勢を保てるとおもいます。


 


●矯正後の注意事項などについて

当オフィスでは、カイロプラクティックの整体矯正後には、基本的に、注意していただくことは、特別にはありません。体自身(脳)がより正常な方に自ら姿勢を変えますので、理由がない限り、意志ではそれを加速したり変えることはできませんし、再び崩れもしないからです。

よく整体などで説明されるように、もし日常生活やストレス・使い方でゆがむのなら、スポーツや格闘技をしている人の姿勢は常にどんどん悪化して若い段階でひどい姿勢をしていないといけないことになります。

動物の体はそれほどもろくはできていません。

したがって、矯正直後でも、お風呂・飲酒なども、普段どおりしていただいて結構ですし、運動や、万一、怪我や事故をされても大丈夫です。矯正結果(効果)には影響ありません。

矯正によって姿勢が変われば代謝が良くなり、症状は改善し出にくくなって行きます。矯正直後よりも、ひと晩かふた晩、寝起きした後のほうが、代謝は大きく変わっています。姿勢なども、その後だいたい1週間~2週間の間、緩やかに変化していきます。

マッサージのように、矯正直後や通い続けている間だけが最も感じがいいのではなく、矯正が完了したあとも、時間が経つほどに次第に確実によくなっていくのが、上部頚椎カイロプクティックの最大限の効果です。

 


   はてブに追加 Lineで送る