大阪市心斎橋すぐ。梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺からも

水曜定休 / 受付時間 11:00-20:00

06-6252-2286

予約お問い合わせ

大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティック|大阪市心斎橋梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺 » Home

肘や手の痛み


Published by: 大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティックオフィス

肘や手の痛み

肩の関節が姿勢と関係することは肩の痛みの項目で書いていますが、ただ姿勢が悪化することにより肩にそれだけ緊張が出るということは、当然、肘や手のほうにも、痛みが起きる原因となる環境が出来てしまうことになります。

肘や手の痛みの例としては、

  • 内側上顆炎・外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘・野球肘など)
  • 腱鞘炎(ばね指・ドゥケルバン)
  • 手根管症候群
  • 書痙

などがあります。他にもたくさんありますが、いずれも、オーバーユース(使い過ぎや過負荷)によっておきるものです。
しかし、どの程度使えば使いすぎになるか、どの程度の不可に耐えられないのかなどは、姿勢の力学的な環境によってかなり差があります。

基本的環境として、姿勢の悪化が引き起こす緊張と、それに伴う動きの制限が強いほど、靭帯や腱や滑液包の物理的刺激での炎症を起こしやすくし、また、手首などの小さい骨の集まった関節部に過度の負担を掛けて早期に痛みを発する原因を作ってしまうのです。そしてそれは姿勢バランスで決まります。

たびたび傷めた手首などの関節は、炎症後も日常生活で、ドアノブを捻ったり、手首をついて立とうとする時などに、常に痛みなり違和感を感じる事もあります。こうしたものも、カイロプラクテイック的な観点で、関節運動の正常化をしていくと、とりきれなかった痛みが消えてしまうことは非常に多いです。ドゥケルバンなどの腱鞘炎のあと、特に手術後などに痛みや引っ釣れが取れなくて困っているような方たびたびこうした痛みを経験されるは、それ以前にまず症状を起こさない予防のために、ご自身の姿勢とバランスの正常化を心がけておくのが、賢い選択です。

また、もし現時点で、ただ動作や負荷で痛みがあるだけでなく、既に炎症が起きてしまっている場合は、姿勢だけでなく局所の治療も必要です。
固定や冷却、安静などの基本的な外科的処置が行われますが、そもそも、まず姿勢という体の環境を正常化しておくことで、こうした痛みを引き起こしてしまう可能性が激減するはずです。
ですので、過度に腕や手先を使う仕事やスポーツなどをされている方に関しても、同様です。

このように、肘や手の、特にスポーツ障害や慢性的問題のいずれについても、カイロプラクティックは、この場合非常によい選択となります。全身のバランスを、自然に、解剖生理学的に体の仕組みに沿って体自身に正常化させるというのは、カイロプラクティックでしかなしえないことです。

肘や手の痛みに関しては、怪我によるものでも、慢性的な状態から定期的に起きるものでも、急性炎症期に対する医学的治療(鎮痛剤や固定・安静など)と合わせてうまく利用すれば、回復の速度も度合いも、非常に高くなるでしょう。


【関連項目】

Q.肘や膝など、関節が曲がらない、伸ばしきれません。

Q.腱鞘炎などになり易いですが、効果はありますか?

Q.姿勢のゆがみは、筋肉・腱などに対して、どのような急性痛や炎症の原因になりますか?

Q.手根管(しゅこんかん)症候群は改善するでしょうか?

Q.肘部管症候群は改善するでしょうか?


   はてブに追加 Lineで送る