大阪市心斎橋すぐ。梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺からも

水曜定休 / 受付時間 11:00-20:00

06-6252-2286

予約お問い合わせ

大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティック|大阪市心斎橋梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺 » Home

頚椎症


Published by: 大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティックオフィス

頚椎症

カイロプラクティックには、頚椎症の保存療法段階での症状改善や有効性に関する、多くの研究があります。

カイロプラクティックは頚椎症の症状や管理に対して、どのような意味と内容で有効なのでしょうか?

頚椎症は、頚椎から出る神経根が症状を起こしている状態です。
単なる『頚肩腕症候群や胸郭出口症候群』などよりも、一段ひどい状態です。単なる手や腕のしびれや、力が入らない、などの場合は、頚椎症を疑う前に、こうした首と姿勢の緊張から来る症候群の可能性がはるかに高いでしょう。(⇒Q&A:『頸肩腕症候群や胸郭出口症候群には有効でしょうか?』を参照)

医療機関で頚椎症と診断されている方の場合は、頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症に至るまで、「姿勢緊張性症状」⇒「椎間板障害」⇒「関節変形」⇒「脊柱管狭窄症」という、背骨の他の部位と同じ変化をしていきます。

しかし、頚椎症において注意すべきは、統計的に見て、背骨の他の部位よりも、進行速度が速いということでしょう。
首が細いことと、頭というものが重いこと、姿勢が悪化すると重心が異常を来たすこと、その時、上にある首が主に頭を支えるため、負担が大きいということでしょうか。

症状自体は、手や腕、肩甲骨間上部への放散痛、しびれ、感覚異常などが代表的です。
頚椎症のある方は首の運動機能が減少しているので、自然と、寝違え(急性炎症)などもおきやすい環境になっているでしょう。

基本的に、保存療法は、少しでも早い段階でかかることが重要になります。
とにかく、姿勢を起こすことです。カイロプラクティックを選択することは、この段階では非常に意味のあることです。

正しいバランスで、首だけでなく、背中や腰、骨盤まで、柔軟で正常な動きを回復できる姿勢に戻すことで、首をどの方向にまでいっぱいに動かしても、背骨が力を逃がしてくれるので首に負担がかからない状態になれます。

神経症状というものは、最終段階に至る前なら、進行度に応じて多少時間はかかっても、保存療法で必ず取れます。矯正の、頚椎症の保存療法の効果と症状改善に対する文献は数多くあり、その大多数が、理学療法や医学的処置を含めたあらゆる対処法の中で、明らかに大きな優位性を示すものであることを付け加えておきます。

頚椎症の最終段階というのは、手術を勧められたり考えるよういわれるような段階です。この段階だと診断されるということは、画像診断などで、明らかに脊柱の管が狭くなるような骨の変形や何かの突出が起きているということです。ですので、保存療法で一時的に症状が取れても、すぐに戻ってきやすく、また、改善はしているもののどうしても取り切れない場合なども生じてきます。難しいということです。ですので、当然、保存療法は早い段階で行うほうがいいという結論が見えてきます。初期のうちから負担を軽減して継続していければ、症状だけでなく、進行は必ず遅らせることが出来るはずです。

カイロプラクティックによる姿勢の正常化は、頭の位置を重心線の中心に、そして関節への負担を最小限度にし、代謝を回復させます。これがどれほど体全体の力学環境と症状改善にとって有効なことなのかは、先に述べたカイロプラクティックについてのさまざまな部外分野からの研究によって、明らかにされています。


【関連項目】

肩こり・首の痛み

頚肩腕症候群・胸郭出口症候群(腕・手のしびれ・痛み)

頭痛(緊張性頭痛・片頭痛[偏頭痛])

椎間板ヘルニア

Q.椎間板ヘルニアなどは治りますか?

Q.しびれや放散痛などはとれるのですか?

Q.変形性頚椎症や変形性腰椎症は、適応ですか?

Q.寝起き(睡眠中)によく手足がしびれています。

Q.スマホやパソコン(ノートパソコン)を長時間使うので疲れやこりが出やすいです。

Q.肩こりや首のこり腰痛は、枕やベッド、椅子・ソファなどが悪いのでしょうか?


   はてブに追加 Lineで送る