大阪市心斎橋すぐ。梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺からも

水曜定休 / 受付時間 11:00-20:00

06-6252-2286

予約お問い合わせ

大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティック|大阪市心斎橋梅田難波なんば本町淀屋橋天王寺 » Home

坐骨神経痛(脚のしびれ・痛み)


Published by: 大阪整体心斎橋N&Kカイロプラクティックオフィス

坐骨神経痛(脚のしびれ・痛み)

坐骨神経痛(脚のしびれ・痛み)の悩みに対して、カイロプラクティックは有効な選択肢です。

坐骨神経痛というのは病名ではなく、症状名です。脚に向かう坐骨神経の領域で起きる神経症状は、しびれの他に、痛み、脱力感、皮膚の異常感覚(触覚・温度覚・痛覚)など、全てがこの仲間で同じ原因で起きるものです。

原因で多いのは、やはり腰痛関連です。急性腰痛や急性の椎間板ヘルニアなどから、慢性的な腰痛の強弱にあわせてしびれが増したりするもの、ひどくなると変形性すべり症や脊柱管狭窄症などで神経が押しつぶされているものまで、様々です。

そのほかに、循環障害(たとえば糖尿病など)によっても、同じような症状が起こります。循環不良によって、神経へも血行不良などの代謝不良が起こるからです。

いずれにしても、神経自体が損傷しているかどうかは重要ことです。神経自体が損傷している場合は、しつこい症状になりますし、また、損傷の度合いによっては消えない症状になりがちです。

ですので、先ず原因を明らかにすることが、結果のよしあしも左右しますし、回復度合いを予測する目安にもなります。

最も多い腰関連痛に伴う坐骨神経痛についてですが、基本的に、神経損傷のないか、殆どない神経症状というのは、期間はかかっても施術によって必ず取れます。ただし、神経損傷で最終段階に至る前ならです。最終段階というのは、手術を勧められたり考えるよういわれるような段階です。

急性症状であっても慢性症状であっても、画像診断などによっても、神経根周辺の異常の度合いは推測できますので、手術を勧められる場合はあります。ただ、急性のヘルニアによる場合などは、最近はヘルニアが吸収されるまで待つようになっているようですし、基本的に、坐骨神経痛に関しては、保存療法はギリギリまで行い外科的手法は回避するというのが基本のようです。

ですので、どの保存療法を選択かは、重要です。腰痛に関してなら、姿勢バランスの正常化と、運動による筋力の維持、というのが二大支柱となるでしょう。カイロプラクティックが得意とする分野です。それにより、腰痛を含めた症状の改善と、再発の予防が可能になります。

カイロプラクティックは、体の生理学に則った姿勢の正常化を促し、単なる見た目ではない、本来のバランスと運動機能を回復します。それは、体を支えるそれぞれの筋肉が最小限の力で最大限の働きが出来る姿勢に戻っていくことです。ですので、症状の改善と共に、再発予防を含めたトータルな改善のためによい選択肢であると考えます。

坐骨神経痛という症状に関するカイロプラクティックの文献は数多くあり、その大多数が、理学療法や医学的処置を含めたあらゆる対処法の中で、明らかに大きな優位性を示すものであることを付け加えておきます。


[関連項目]

椎間板ヘルニア

頚椎症

腰痛(主に慢性腰痛)

肩こり・首の痛み

お尻の痛み(臀部痛・しびれ)

Q.椎間板ヘルニアなどは治りますか?

Q.しびれや放散痛などはとれるのですか?


   はてブに追加 Lineで送る